Tsuna log

思考だだもれな感じで

はじめてヒトの解剖した感想

医学院の授業で人間の脳を解剖するという稀有な体験をしたので、色あせてしまう前に感想でも残しておこう。

授業について

脳科学を専門に研究している大学院生を対象に、人間の脳を解剖することを通してその理解を深めるという授業。脳の解剖に関しては大きい方は豚や鳥、小さい方はショウジョウバエの解剖経験はあったものの、医歯薬学部出身でもないので当然ヒトを解剖する機会なんてものはないんですね。生命科学に従事しているわけだし、結局最終的な応用対象は人間なんだから、一回ぐらいヒトの中身をこの目に収めたいなぁ…なんて思っていたらこの授業があったので履修してみたというわけです。

実際どんな感じだったのか

脳の形態を学ぶという点では非常に有意義な実習であったということを前提に、ここではオブラートに包まず純粋に自分の中で沸き上がった感想を記しておきます。

ヒトの中身は世間から完全に隠されている国家機密で、実は脳とは異なる器官で知的活動をしている的なファンタジー展開をうっすら期待していたけど、当然教科書通りの脳でした。人間の脳を初めて見て抱いた感想は、なんかめっちゃ表面にシワの付いた豆腐。実際に触ってみると、固定(組織が崩れないように薬品で固くする操作)を経ているのにもかかわらず指でつまめば簡単にちぎれてしまいそうな柔らかさ。まさに豆腐(木綿?)です。重さに関しては牛乳パック一個分ぐらい。よくヒトの脳は重いと思われているけど、それは恐らく頭蓋や周辺の器官を含めた頭という構造が重いのであって、脳単体だとむしろ軽いと感じるレベルでした。サイズ感はラットや鳥なんかと比べると当然大きかったけど、人間の行動パターンの複雑さからするとやはり異常に小さく感じました。

感じたこと

脳が全体的に構造が脆い。頭蓋にしっかりと守られているとはいえ、たった1㎝の傷がついただけで体が完全に動かなくなってしまうような部位が多すぎる。全身麻痺を避けられたとしても、脳の一部に傷が付けば確実にどこかしらに障害が生じるという点で他の器官と比べられないレベルで重要な器官なんだと再認識しました。 

また、人間であってもその知的活動を支えているのは回路であり、その経路を破壊すれば簡単に壊れてしまうことを実感し、コンピュータとヒトってあまり変わらないんじゃないかと本気で思うようになりました。互いに構成している物質は違えど、コンピュータはキーボードやマイクからの入力をマザボ上で処理し、その結果をモニターやスピーカーで出力する。ヒトは感覚器官で入力を受容し、脳でその情報を処理して、その結果を運動器官(効果器)で出力する。もちろんコンピュータと脳では処理に用いているアルゴリズムが異なるのはあるけど、技術が進歩して酷似したアルゴリズムで動くようになったら人間のアイデンティティって何になるんですかね。特にSNSが主要なコミュニケーションになりつつある現代だと、ヒトもコンピュータもほぼ同じ形で入力と出力を行うことになるから、よりヒトらしさ?みたいなものが弱いヒトはどんどん生きづらくなりそうだなぁ…。

 

就活する前に今の考えを残しておこう【M1の7月編】

修士1年の7月中旬。就活系のサイトによれば、さすがにサマーインターンに向けて動かなければいけない時期になっているらしい。しかし、自分の中でどうも就活というものに対する考えがまとまっていないので、諸々整理するついでに文字に残しておこうと思う。

将来何になりたいか?

正直なところ明確に就きたい職業はない。

ただ、少し恥ずかしいが思い描いている理想的な生活はある。

まず、他の人と一緒に生活がしたい。一人暮らしをする前は親や兄弟姉妹と暮らしていたが、これは親の意思で構成されたメンバーであって自分が望んだわけではないため、これはノーカン。ヒトが社会性を持つ動物である以上、他人と関わることで生じる面白さというものが一人暮らしで得られるそれ以上と考えるのは妥当なんじゃない?

次に、他の動物と一緒に暮らしたい。基本的に相利共生を除けば自然界において別種の動物が好んで一緒に住むことはない。一方で現代社会ではイヌやネコがヒトと普通に一緒に暮らしている。これが非哺乳類だったら普通に殺し合いが起こってそうだけど、別種であっても一緒に暮らせるのがどうやら現代らしい。そこで大きな庭を作ってイヌ・ネコ・ウマ・ウサギあたりの動物と一緒に暮らしたい。その環境で息子or娘の成長を一緒に見守る生活がしたい。実現するならど田舎or海外か?

要約するとかわいい奥さん+その他動物たちと一緒に、田舎で子供の成長を見守りつつぬくぬく暮らしたい。

 

何を基準に仕事を選ぶか?

上の暮らしを実現できるような仕事を選びたい。これに加えて、仕事は楽しいものが良いなあと漠然と思っている。当然と言えば当然だが、職に就けば平日の朝から夜に至るまで仕事に拘束されることになる。この時間の長さは小学生であれば学校に出かけてから帰宅して、友達と遊んで帰るまでの時間、中学・高校でいえば学校に出かけてから部活をして家に帰るのと同じ。そう考えると人生の中核と考えても問題はないと思う。お金を稼いで休日に遊ぶという考え方もあるが、5日の疲れを2日で癒せるわけがないし、その2日を遊びにあてることなんてなおさらだ。そう考えると仕事自体に満足できないと本当に生命活動を続けるだけの人生になりそうで恐ろしい。中学の部活みたいな濃い時間が過ごせるような仕事に就きたいなあ。

何に興味があるのか?

自信をもって趣味といえるものはオリエンテーリングというスポーツ。抽象度が高い知識を生かして初見の課題に取り組むのが面白いスポーツ。砂漠や樹海、スタジアムや遊園地で行うため、参加するだけで非日常感が味わえるのも大きい。そこそこ狭いコミュニティ故、かなり人とのつながりが強いのも魅力だと思っている。

他に気づいたらやっているものだと配信を見ること。最近はtwitchがメインで時々OPENREC、Youtubeは配信者の切り抜き、ニコ動はMADと公式アニメを見るくらいか。3時間ぐらいの配信だったら何の抵抗もなくみられるし、時間が許せば10時間ぐらいの配信でも見ちゃう。一人暮らしのコロナ禍だとこれぐらいしか人と時間を共にする手段がないからなのかな?

あとは目新しいこと。大学に入ってからだと、動画、Web制作、デジタルイラスト、Unity、競技プログラミング、Kaggleあたり。どれも時々触れるけど日常的に取り組むコンテンツにはならなかったな。

最近聞いた仕事の選び方

最近社会人にひたすら就活のことを聞いて回っている。みんな口をそろえて言うのは、

  1. 学生でまともに会社を選べる気がしない
  2. 二度とやりたくはない
  3. 選ばなければなんとかなる

中でも面白かったのは、仕事は大きく分けると以下の3つに分類できるという話。

  1. 0を1にする仕事
  2. 1を100にする仕事
  3. 100をまわす仕事

自分は1.がしたいと思っているが、適正があるかは正直微妙だと思う。自分が作ったコンテンツがバズった試しはないし、今もアプリを作ろうにもアイディアが湧いてこない。ただ、自分はエゴサーチをすることが好きだ。大会を開催したり、動画を投稿したらその感想をTwitterでめっちゃ調べるし、ちょっと違うけどニコ生した時のコメントは全部スクショするくらい好きだ。そういえばハッカソンのプレゼンに対するコメントも全部保存してたな。こういった評価を貰えるのって基本的に1.の仕事だけだと思う。ある作品が売れたときに評価を受けるのは基本的に作者であって、広告会社ではない。実際には広告会社が牛耳っているのかもしれないが、世間的に評価される(評価がオープンなコミュニティで得られる)というのは自分の中で大きな要素だと思う。

となると、企画の立案をする段階が1.の仕事の中核だと思う。そして、評価が目に見えて分かり易いのはネットコンテンツ。思い当たるところだと、動画配信サイトにおけるイベント企画、ゲームの大会、ソシャゲ、ゲームの製作、アニメ…このあたりか?

このあたりで一回仕事を探してみるか。

 

 ほかにも実際に仕事をしたことがないのにコンサルになるのは何が楽しいのか?って話も共感出来て面白かったのでメモとして残しておこう。そういえば某企業との面談で結局その人と働きたいかが重要だからコミュ力大事って話もしてたな。業界にもよるんだろうけど、その企業の製品が好きというのはあまり大事ではなく、その企業に利益をもたらしうるのかという観点が大事らしい。確かに。